環境対応の考え方

バイオディーゼル共同研究成果の実用化の強化へ

エネルギーソリューション事業部は10月12日、バンコクで開催された第1回「日本-ASEANコンサルタンシーフォーラム」(日本側主催:文部科学省)において、産業技術総合研究所とともに高品質バイオディーゼル製造技術に関するワークショップに参加しました。当フォーラムは日本・ASEAN間の科学技術分野における協力と、研究成果の実用化の強化に向けたコミットを目的に開催されました。当社は高品質バイオディーゼル製造技術の商業化を目指して、部分水素化により酸化安定性に優れたバイオディーゼルの商業生産を可能にするプロセスフローやバイオディーゼルに含まれる不純物を低減する晶析技術などを開発しています。今回当フォーラムでその技術を紹介し、他の参加者に高く評価されました。

写真
写真
出光昭和シェル, 株式会社ディ・エフ・エフ