安全衛生の取り組み

2019年度

千葉事業所で総合防災訓練を実施

9月20日、千葉事業所は姉崎消防署と合同で総合防災訓練を行いました。地震によってナフサタンク浮き屋根部から火災が発生したという状況を想定した実践的な訓練に、地元町会長や姉崎消防団の約40名が見学に訪れました。見学者からは、所員の迅速かつ的確な防災活動や事業所のリスクマネジメント体制に感心したという声をいただきました。

写真

愛知製油所で大型タンカー緊急離桟訓練を実施

9月20日、愛知製油所は伊勢湾シーバースに着桟している大型タンカー「アポロエナジー」の緊急離桟訓練を行いました。この訓練は、南海トラフ大地震が発生した場合の大津波に対応するためのもので、第四管区海上保安本部と名古屋海上保安部も視察に訪れました。通常は3隻のタグボートで離桟を行いますが、緊急を想定した今回は2隻での曳き出しと自力航行に挑戦。要領よりも5分早い15分で完了させることができました。

写真

生産技術センターが無事故・無災害記録1,500日達成!

8月1日、次世代技術研究所の講堂において、「無事故・無災害記録1,500日」の銅賞受賞式を行いました。岡田副社長も出席のもと、賞状が新留安全環境本部長から授与されました。受賞した生産技術センター長は、「銅賞の受賞は通過点であり、未来の安全を担保するものではない。引き続き日々の安全活動を積み重ねていきたい」と、今後の安全への強い思いを述べました。

写真

徳山事業所内防災競技大会を開催

6月28日、徳山事業所の出光会館体育場で、所内防災競技大会を開催しました。本大会は、自衛防災隊の技術向上を目的に「消防操法の部」と「救急の部」を隔年で交互に行っています。今年は「救急の部」を開催し、出光徳山の各部署から19チームが参加しました。チームごとに、いざという時に慌てることなく対処できるよう、空気呼吸器の装着や負傷者の応急手当などの訓練に約1か月間勤しみました。大会当日は、限られた道具で骨折した足を固定するなど、その正確さと速さを競い合いました。

写真
写真

愛知製油所で共同防災組織の放水訓練を実施

6月5、6日の2日間にわたり、石油コンビナート等災害防止法に基づき、中京地区広域共同防災協議会に所属する6社と協力会社7社の70名が参加して愛知製油所で放水訓練を行いました。訓練は、ベテランたちがこれまで培ってきた知識・技術を惜しみなく若手メンバーに伝える機会となり、世代を超えて防災への意識を高めることができました。

写真

2019年度全社安全スローガンがついに決定!

2019年度のグループ安全スローガンを当社グループおよび協力会社から募集しました。3,308通の応募の中から選考の結果、今年度のスローガンは『職場の安全 みんなの笑顔 変わる時代に 変わらぬ信念』に決定しました。
人や仕組みなどの環境が変わっても、“安全を最優先する”という信念に変わりはありません。安全スローガンに込められた思いを胸に、自分や仲間、家族みんなを笑顔にするために、グループが一つになって安全・安心な職場づくりを行っていきます。

最優秀賞 『職場の安全 みんなの笑顔 変わる時代に 変わらぬ信念』
優秀賞 『変わる環境 変わらぬ基本 追求し合おう安全職場』

出光タンカーと昭和シェル船舶が「用船安全会議」を合同開催

6月6日、出光タンカーと昭和シェル船舶は合同で、両社が用船している国内の船会社を対象に「用船安全会議」を開催、関係者約80名が参加しました。出光昭和シェルのVLCC(超大型油槽船)船隊23隻の安全環境基本方針について知っていただくとともに、SOx規制対応、検船、バース情報、用船安全巡視結果、燃料節減活動についての報告と意見交換を実施し、さらなる安全・安定・効率運航への取り組みを全員で共有化しました。

  • ※用船:運送のために船舶を借り入れること
写真

出光ユニテック三重工場長が安全衛生活動について講演

6月12日に開催された2019年度「津・鈴鹿・亀山地区産業安全衛生大会」で、出光ユニテック三重工場長が「当社の安全衛生活動について」のタイトルで講演を行いました。この講演は、三重工場が2018年に「三重県労働局長奨励賞」を受賞したことを受け、津の労働基準監督協会から依頼されたものです。工場長は出光ユニテックの安全衛生への考え方やこれまでの活動について、参加者の理解を得やすいよう実例を交えながら説明しました。

写真

ペトロナスケミカルズエチレン社と出光SMマレーシアが技術交流会を開催

5月2日、マレーシアにあるペトロナスケミカルズエチレン社(PCE)の技術スタッフ8名が出光SMマレーシア(ISM)を訪れ、技術交流会を開催しました。PCEは、スチレンモノマーの主原料であるエチレンの供給元であり、出光興産の出資先でもあることから、両社は日頃より協力関係を構築しています。
当日は、両社ともに力を入れて取り組んでいるニアミス撲滅活動(ヒヤリハット)について積極的に意見交換を行いました。互いの取り組みを紹介することにより、今後の活動に反映できる新たな知見を得ることができました。

写真
出光昭和シェル