Diversity and Inclusion (D&I) Initiatives ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み

障がい者の活躍推進

基本的な考え方

当社は、障がいのある方も能力を発揮して働くことのできる環境を整え、機会を提供する取り組みを行っています。本社事業部門や全国の各拠点での業務に加え、2011年に研修センターにおける宿泊施設の清掃業務、2015年には次世代技術研究所内の温室設備を活用した花卉(かき)栽培をする園芸部門(出光夢農園)での業務を開始しました。さらに2019年には以下に記載のように、徳山事業所内に事業所の廃熱を利用したイチゴ農園を建設し、栽培作業など雇用の機会を創出しています。栽培されたイチゴは社員食堂などで活用されており、将来的には栽培ハウスの増設や、障がい者のさらなる新規雇用も予定しています。また、各部門における障がい者雇用の促進も検討を進めており、本社における業務拡大も視野に、今後も障がいのある方々が誇りを持って、楽しく働くことができる職場づくりや雇用機会の創出を推進していきます。

障がい者雇用率の推移
グラフ
  • ※ 2019年度は、2019年7月1日現在のデータであり、出光興産雇用(昭和シェル石油からの 受入出向、他社への出向を含む)を対象としています。
  • ※ 出光興産の2015~2018年度は、各年の6月1日現在
  • ※ 昭和シェル石油の2015~2017年度は、各年の12月31日現在
  • ※ 昭和シェル石油の2018年度は、データ算出タイミングの都合により未公表です。
出光昭和シェル, 株式会社ディ・エフ・エフ

徳山事業所が障がい者雇用創出とやりがい向上を目的にいちご農園を開所

2019年に障がい者の雇用創出とやりがい向上を目的に徳山事業所でいちご農園を開所しました。いちご農園は約150m2のビニールハウスで、当事業所の工業用水や蒸気・電気などの用役を活用します。栽培は山口県農林総合技術センターと共同で行い、2月の初収穫を目指します。11月6日から栽培を開始し、6人がワークシェアリングで管理しています。採れたいちごは、社員食堂で提供する予定です。

山口県農林総合技術センターの技術指導を頂きながら、余分な葉を取り除く作業や、受粉がうまくいっていない花を摘み取る摘花作業をしています。事業所の皆さんに美味しいいちごを提供できる日を心待ちにしながら、大切に育ててます。教えてくださる方も、教わる方もみんな真剣です。近隣の総合支援学校や、障がい者就労支援事業所などから実習生も受入れ、いちご農園に小さな「共生社会」ができました。

写真
出光昭和シェル, 株式会社ディ・エフ・エフ