Human Resource Development 人材育成

人材育成の考え方と教育体系

基本的な考え方

人の育成を経営の目的に据え、経営ビジョン・行動指針に基づいた教育研修体系を2020年2月に策定しました。行動指針を高い次元で体現していく人材を増やすため、行動指針のうち特に高めていきたい「自立・自律」「変革」「共創」およびそれらの軸である「成長」については「高めていく発揮能力」として、さらに詳細に設定しています。「先見」「挑戦」「決断」「協働」「完遂」「改善」「育成」という7つの観点において求める姿勢や行動のレベルを細かく定義しており、自身の現在のレベルを振り返るとともに、成長に向けて行うべきことを明確にすることが可能となっています。

図
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

教育研修体系の全体像

教育研修体系のベースは、上記の発揮能力を高めるための「コンピテンシー開発」と考えています。加えて、当社では単なる職務上の成長だけでなく、人間としての成長も支援していきたいと考え、教養を高めるためのプログラムや、異なるライフステージの社員を支援するプログラムも準備しています。全ての社員が「自身が主役である」という意識を持てるよう、積極的な姿勢で、社会に貢献する人材に成長することを期待しています。

図
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

教育研修実績

2019年度は会社統合の初年度であり組織の基盤づくりに関する研修に注力しました。具体的には、相互理解セミナー、経営ビジョンワークショップ、新人事制度説明会を国内外の事業拠点で実施しています。

研修時間(時間) 総時間 117,455
一人当たり 18.6
研修投資額(千円) 総額 352,000
一人当たり 73
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ