ESG Data ESGデータ

環境

出光興産 

  • 以下のデータは、出光興産(株)およびグループ会社のうち「・」で示した会社を集計対象としていますが、それぞれのデータに応じて集計対象が異なります。詳細については、各データの記載欄をご参照ください。
  • 出光興産(株)の2018年度は、2018年4月~2019年3月の12カ月を報告対象としています。一部のデータについて報告対象期間が異なりますので、詳細については、各データの記載欄をご参照ください。
  • 四捨五入の関係で合計値が合わない場合があります。
  • その他、過年度のデータの数値を一部見直しています。
環境への影響の全体像
採掘 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 32 32 33 31 30 原油
  • Idemitsu Petroleum Norge AS
石炭
  • ENSHAM COAL SALES PTY. LTD.
  • MUSWELLBROOK COAL COMPANY LTD
  • BOGGABRI COAL OPERATIONS PTY LTD
  • TARRAWONGA COAL SALES PTY LTD
  • PT MITRABARA ADIPERDANA Tbk
【算出方法】
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量、SOx、NOx:原油生産および石炭発掘量にPEC(石油産業活性化センター)より報告 されている
「原油および石炭の全ライフサイクルにおけるエネルギー消費および環境負荷」のCO2 排出原単位を乗じて算出
ガス採掘に係る環境影響は未算出

【Scope3のカテゴリー】
Category1:購入した製品・サービス
他社が所有する油田、鉱山から原油、石炭を採取した際に排出されるCO2
Category3:燃料・エネルギー関連の活動(Scope1 またはScope2 に含まれないもの)
他社が所有する鉱山から石炭を採取した際に排出されるCO2
エネルギー
使用量
(原油換算)
千kL 830 830 841 800 780
原油購入量
(下記の原油生産量を含む)
千kL 29,141 28,762 29,421 28,007 26,964
原油生産量(2018年1~12月) 千kL 1,684 2,089 2,500 2,145 1,557
ガス購入量 千t 2,347 2,659 3,201 1,612 1,578
石炭購入量
(下記の石炭生産量を含む)
千t 14,523 16,212 16,741 16,759 16,357
石炭生産量(2018年1~12月) 千t 11,274 12,405 13,100 13,438 12,543
CO2-Scope1 千tCO2 - 329 334 315 285
CO2-Scope2 千tCO2 - 75 84 68 73
CO2-Scope3 千tCO2 - 1,475 1,486 1,424 1,410
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 1,872 1,879 1,904 1,807 1,769
SOx排出量 t 21,917 21,742 22,164 21,155 20,450
NOx排出量 t 5,894 6,143 6,296 6,137 5,959
原油調達
・輸入
単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 11 13 14 13 13
  • 出光タンカー(株)
  • アストモスエネルギー(株)
【算出方法】
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:原料輸送に伴うエネルギー使用量にCO2排出係数を乗じて算出
CO2排出係数は、温対法※1の数値を利用
ただし、CO2排出量のみ開示(CH4、N2O、HFC、PFC、SF6、NF3は除く)
SOx、NOx:原油生産および石炭発掘量にPEC(石油産業活性化センター)より報告されている
「原油および石炭の全ライフサイクルにおけるエネルギー消費および環境負荷」のCO2排出原単位を乗じて算出

【Scope3のカテゴリー】
Category4:上流の輸送・流通(原料)
他社から用船した船舶による輸送で排出されるCO2
エネルギー
使用量
(原油換算)
千kL 287 347 361 340 336
原油輸入量 千kL 27,457 26,673 26,921 25,862 25,406
LPG輸入量 千t 2,347 2,659 3,201 1,612 1,578
石炭輸入量 千t 7,773 11,789 12,706 12,721 12,771
CO2-Scope1 千tCO2 - 196 241 209 190
CO2-Scope2 千tCO2 - 0 0 0 0
CO2-Scope3 千tCO2 - 766 760 733 740
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 795 962 1,002 943 931
SOx排出量 t 14,784 18,171 18,984 17,919 17,711
NOx排出量 t 22,182 26,963 28,098 26,482 26,156
  • ※1 温対法:地球温暖化対策の推進に関する法律
国内製造 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 136 139 142 140 139
  • 北海道製油所
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
  • 徳山事業所
  • 出光クレイバレー(株)
  • (株)プライムポリマー 姉崎工場
  • BASF出光(株)
  • 御前崎製造所
  • 京浜ルブセンター
  • 門司ルブセンター
  • 出光ユニテック(株)
  • (株)エス・ディー・エス バイオテック
  • ユニオン石油工業(株)
【算出方法】
エネルギー使用量:省エネ法※2に基づき算出(販売電力および販売蒸気に係る燃料を含まない)
海水、用水使用量:生産拠点で使用する全ての取水量(用水には、工業用水・上水・地下水を含む)
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:温対法※1に基づき算出
ただし、CO2排出量のみ開示(CH4、N2O、HFC、PFC、SF6、NF3は除く)
SOx 、NOx、ばいじん排出量:排ガス量実測値に排ガス濃度実測値を乗じて算出
御前崎製造所、ユニオン石油工業(株)は除く
排水量:拠点からの排水の総量
COD、全窒素、全リン:実測した値に基づき官公庁に定期報告している数値
エネルギー
使用量(原油換算)
千kL 3,512 3,596 3,661 3,605 3,584
海水使用量 千t 1,199,226 1,205,868 1,231,103 1,257,447 1,288,375
用水使用量 千t 60,415 61,032 58,555 58,314 60,130
原油処理量 千kL 27,066 26,761 27,195 25,604 25,571
潤滑油製造量 千kL 673 695 735 726 744
石油化学製品
製造量
(エチレン換算)
千t 3,402 3,777 3,710 3,825 3,870
CO2-Scope1 千tCO2 - 6,958 7,004 6,941 6,862
CO2-Scope2 千tCO2 - 338 325 324 363
CO2-Scope3 千tCO2 - - - - -
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 7,121 7,296 7,329 7,264 7,225
SOx排出量 t 7,967 7,105 7,058 5,994 6,066
NOx排出量 t 6,392 6,453 6,565 6,457 6,640
ばいじん発生量 t 232 245 285 230 231
排水量 千t 1,257,684 1,265,015 1,287,635 1,313,998 1,345,984
COD t 86 94 96 104 97
全窒素 t 100 82 91 93 104
全リン t 1.6 1.1 1.1 1.2 1.5
廃棄物発生量 t 233,861 243,841 213,550 215,354 209,828
  • 北海道製油所
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
  • 徳山事業所
  • 出光クレイバレー(株)
  • (株)プライムポリマー 姉崎工場
【算出方法】
廃棄物発生量:産業廃棄物の総量
廃棄物
最終処分量
t 76 84 137 945 1,383
エネルギー消費原単位(製油所) 原油換算L/
常圧蒸留装置換
算通油量 kL
8.36 8.37 8.49 8.79 8.87
  • 北海道製油所
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
【算出方法】
エネルギー消費原単位:省エネ法※2に基づき算出
エネルギー消費原単位
(石油化学工場)
kL/t 0.408 0.399 0.404 0.406 0.396
  • 千葉事業所
  • 徳山事業所
  • 出光クレイバレー(株)
  • (株)プライムポリマー 姉崎工場
【算出方法】
エネルギー消費原単位:省エネ法※2に基づき算出
  • ※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律
  • ※2 省エネ法 : エネルギーの使用の合理化などに関する法律
国内輸送 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 3.8 3.8 3.9 3.6 3.6 【算出方法】
エネルギー使用量:省エネ法※2に基づき算出(範囲:燃料油+潤滑油+石化製品+石炭+LPガス)
用水使用量:バルクターミナルにて使用する用水量
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:製品輸送に伴うエネルギー使用量にCO2排出係数を乗じて算出
CO2排出係数は、温対法※1の数値を利用
ただし、CO2排出量のみ開示(CH4、N2O、HFC、PFC、SF6、NF3は除く)
SOx:燃料使用量にS分濃度を乗じて算出
NOx:車種別NOx排出係数原単位表(国土交通省)、走行距離、車両重量、輸送量などを考慮して排出原単位を特定し算出
排水量:石炭バルクターミナルから排出される排水量


【Scope3のカテゴリー】
Category9:下流の輸送・流通(製品の輸送)
契約運送会社、海運会社による輸送で排出されるCO2
エネルギー
使用量
(原油換算)
千kL 98.2 97.6 100.7 93.3 92.5
用水使用量 千t 12.3 6.5 6.5 8.4 12.6
石油製品など
輸送(船舶・ローリー)
千t・km 8,966,342 9,097,901 9,201,165 8,910,000 8,728,000
石油化学製品
輸送(トラック・船舶・鉄道)
千t・km 445,043 528,081 612,677 622,642 607,623
潤滑油輸送(トラック・船舶・鉄道) 千t・km 548,598 574,685 619,185 609,646 589,499
LPG輸送(トラックなど) 千t 2,017 2,122 1,996 1,009 -
千t・km - - - - 149,673
石炭輸送(トラック) 千t・km 154,586 152,282 153,585 143,156 162,312
CO2-Scope1 千tCO2 0 0 0 0 0
CO2-Scope2 千tCO2 0 0 0 0 0
CO2-Scope3 千tCO2 268 266 275 255 253
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 268 266 275 255 253
SOx排出量 t 3,062 3,032 2,828 3,155 3,122
NOx排出量 t 3,625 3,611 3,394 3,747 3,274
排水量 千t 2.8 2.9 3.0 3.5 6.0
上記のうち、LPGを除く
エネルギー使用量(原油換算) 千kL 89.7 88.3 91.6 88,9 88.5 【算出方法】
エネルギー消費原単位:省エネ法※2に基づき算出(範囲:燃料油+潤滑油+石化製品+石炭)
輸送数量 百万t・km 10,115 10,353 10,587 10,285 10,087
エネルギー消費原単位 kL/百万t・km 8.87 8.53 8.65 8.65 8.77
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律
※2 省エネ法 : エネルギーの使用の合理化などに関する法律 
国内販売 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 0.8 0.8 0.7 0.8 0.7
  • 油槽所(釧路・函館・八戸・秋田・塩釜・日立・東京・八丈島・大井川・新潟・伏木・岸和田・広島・高松・高知・福岡・長崎・鹿児島)
  • 次世代技術研究所
  • 営業研究所
  • 石炭・環境研究所
  • オフィス(本社・支店・出光リテール販売(株)・出光ユニテック(株)・(株)エス・ディー・エス バイオテックほか)
【算出方法】
エネルギー使用量:省エネ法※2に基づき算出
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:温対法※1に基づき算出
ただし、CO2排出量のみ開示(CH4、N2O、HFC、PFC、SF6、NF3は除く
エネルギー使用量(原油換算) 千kL 19.7 19.7 19.2 19.5 18.7
CO2-Scope1 千tCO2 0 0 0 0 10
CO2-Scope2 千tCO2 44 43 39 32 24
CO2-Scope3 千tCO2 - - - - 0
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 44 43 39 32 34
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律
※2 省エネ法 : エネルギーの使用の合理化などに関する法律 
消費 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
揮発油販売量 千kL 8,199 8,478 8,109 7,876 7,691 【算出方法】
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
国内製品(燃料、石炭)販売量にCO2排出係数を乗じて算出
CO2排出係数は、温対法※1の数値を利用
ただし、CO2排出量のみ開示(CH4、N2O、HFC、PFC、SF6、NF3は除く)
※LPG(プロパン)、LP(ブタン)の販売量は、アストモスエネルギー(株)の販売量を記載してい ます。
なお、CO2排出量を算出するに当たっては、アストモスエネルギー(株)への出資比率(51%)を乗じています。

【Scope3のカテゴリー】
Category11:お客さまによる製品の使用
国内販売数量
※燃料として使用されない潤滑油、石油化学製品は、算定対象外
ジェット燃料
販売量
千kL 1,655 1,604 1,678 1,856 1,973
灯油販売量 千kL 2,950 2,606 2,570 2,579 2,280
軽油販売 千kL 6,153 6,041 6,107 6,163 6,041
A重油販売量 千kL 2,863 2,553 2,421 2,320 2,099
C重油販売量 千kL 2,720 2,585 2,433 2,386 2,143
LPG(プロパン)
販売量
千t 2,710 2,808 2,688 2,778 2,577
LPG(ブタン)
販売量
千t 827 845 719 701 641
石炭 千t 5,666 7,850 7,116 6,955 6,868
潤滑油 千kL 557 563 570 595 601
基礎化学品 千t 3,096 3,273 3,316 3,403 3,493
機能化学品 千t 47 46 47 47 50
CO2-Scope1 千tCO2 - 0 0 0 0
CO2-Scope2 千tCO2 - 0 0 0 0
CO2-Scope3 千tCO2 - 91,626 87,715 82,224 79,318
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 87,820 91,626 87,715 82,224 79,318
SOx排出量 t 87,588 86,688 85,402 86,960 91,223
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律 

Scope別CO2排出量 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
Scope1 千tCO2 - 7,483 7,579 7,465 7,347 採掘+原油調達・輸入+国内製造+国内輸送+国内販売+消費の合計
Scope2 千tCO2 - 456 448 424 460 採掘+原油調達・輸入+国内輸送+国内販売+消費+出張・通勤の合計
※~2017年度は、出張・通勤は除く
Scope3 千tCO2 - 94,133 90,236 84,637 81,723 【算出方法】
出張に係るCO2排出量:社員数に排出原単位を乗じて算出
通勤に係るCO2排出量:社員の通勤費に排出原単位を乗じて算出
CO2排出原単位は、「サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出などの算定のための排出原 単位データベース」の数値を利用
(出張・通勤に係るCO2排出量)
※当データはScope3に含んでいます。
千tCO2 - - - - 1.4 【Scope3のカテゴリー】
Category6:出張(算出対象:出光興産(株))
Category7:雇用者の通勤(算出対象:出光興産(株))
合計
(Scope1~3)
千tCO2 97,920 102,072 98,263 92,526 89,530  
廃棄物 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
廃棄物発生量 t 233,861 243,841 213,550 215,354 209,828
  • 北海道製油所
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
  • 徳山事業所
  • 出光クレイバレー(株)
  • (株)プライムポリマー 姉崎工場
中間処理減量 t 95,023 98,319 86,998 91,227 107,605
リサイクル量 t 138,762 145,438 126,415 123,182 100,840
廃棄物最終処分量 t 76 84 137 945 1,383
廃棄物最終処分率 % 0.032 0.034 0.064 0.439 0.659
水資源利用量・水リサイクル率 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
海水使用量 千t 1,199,226 1,205,868 1,231,103 1,257,447 1,288,375
  • 国内製造+国内輸送
用水使用量 千t 60,427 61,039 58,562 58,322 60,143
排水量 千t 1,257,687 1,265,018 1,287,638 1,314,002 1,345,990
水リサイクル率 % - - - - 90.2
  • 北海道製油所
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
  • 徳山事業所
  • 出光クレイバレー(株)
  • (株)プライムポリマー 姉崎工場
※ 水リサイクル率=リサイクル量(リサイクル量+工業用水取水量)
大気汚染物質排出量 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
VOC排出量 t 3,778 3,892 3,751 3,707 3,658
  • 北海道製油所
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
  • 徳山事業所
  • 油槽所(釧路・函館・八戸・秋田・塩釜・日立・東京・八丈島・大井川・新潟・伏木・ 岸和田・広島・高松・高知・福岡・長崎・鹿児島)
  • 沖縄出光(株)
高濃度PCB廃棄物の
処理実績
単位 保管量
もしくは減量
集計対象範囲および
データ算出方法詳細
前年度(2018年3月末現在)
保管量
t 41
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
  • 出光クレイバレー(株)
  • (株)プライムポリマー 姉崎工場
  • BASF出光(株)
  • 次世代技術研究所
  • 営業研究所
  • 京浜ルブセンター
  • 油槽所(釧路・函館・八戸・秋田・塩釜・日立・東京・八丈島・大井川・新潟・伏木・岸和田・広島・高松・高知・福岡・長崎・鹿児島)
  • 沖縄出光(株)
  • アストモスエネルギー(株)
  • 金沢ガスターミナル
  • 出光ユニテック(株)商品開発センター
2018年度の処理および
分別による減量
t 8
2019年3月末現在の保管量 t 33
大型プロセス機器の
CFC・HCFC使用量
単位 2018年3月 2019年3月 2026年3月(予定) 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
CFC t 0.0 0.0 0.0
  • 北海道製油所
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
  • 徳山事業所
  • 出光クレイバレー(株)
  • (株)プライムポリマー 姉崎工場
  • BASF出光(株)
HCFC t 42.9 42.9 0.0
フロン類 漏えい量実績 単位 2018年度 集計対象範囲およびデータ算出方法詳細
大型プロセス機器 t-CO2 383.7
  • 北海道製油所
  • 千葉事業所
  • 愛知製油所
  • 徳山事業所
  • 出光クレイバレー(株)
  • (株)プライムポリマー 姉崎工場
  • BASF出光(株)
  • 次世代技術研究所
  • 機能材料研究所
  • 出光ユニテック(株)
エアコン t-CO2 1471.2
その他 t-CO2 2.5
合計 t-CO2 1857.4
環境事故件数
2018年度 0件
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

昭和シェル石油

  • 以下のデータは、昭和シェル石油(株)およびグループ会社のうち「・」で示した会社を集計対象としていますが、それぞれのデータに応じて集計対象が異なります。詳細については、各データの記載欄をご参照ください。
  • 昭和シェル石油(株)の2018年度実績は、2018年1月~2019年3月の15カ月を報告対象としています。一部のデータについて報告対象期間が異なりますので、詳細については、各データの記載欄をご参照ください。
  • 四捨五入の関係で合計値が合わない場合があります。
  • その他、過年度のデータの数値を一部見直しています。
環境への影響の全体像
原油調達
・輸入
単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 7.1 7.6 9.0 9.5 12 【算出方法】
エネルギー使用量:原油の輸送に伴う燃料使用量に単位発熱量を乗じて算出
一部直接燃料使用量が把握できていない輸送については平均燃料使用量を元に推計
単位発熱量は、省エネ法※2の数値を利用
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:エネルギー使用量にCO2排出係数を乗じて算出
CO2排出係数は、温対法※1の数値を利用

【Scope3のカテゴリー】
Category4:上流の輸送・流通(原料)
他社から用船した船舶による輸送で排出されるCO2
エネルギー使用量(原油換算) 千kL 183 195 233 246 315
CO2-Scope1 千tCO2 - - - - 0
CO2-Scope2 千tCO2 - - - - 0
CO2-Scope3 千tCO2 - - - - 873
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 506 540 647 681 873
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律
※2 省エネ法 : エネルギーの使用の合理化などに関する法律 
国内製造
石油精製
単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 69 72 67 67 88
  • 昭和四日市石油(株)
  • 東亜石油(株)
  • 西部石油(株)
【算出方法】
エネルギー使用量:省エネ法※2に基づき算出
水使用量:生産拠点で使用する全ての取水量
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:温対法※1に基づき算出
ただし、CO2排出量のみ開示(CH4、N2O、HFC、PFC、SF6、NF3は除く)
SOx 排出量:燃料使用量にS分濃度を乗じて算出
NOx、ばいじん排出量:排ガス量実測値に排ガス濃度実測値を乗じて算出
排水量:拠点からの排水の総量
廃棄物発生量:特別管理産業廃棄物を除く産業廃棄物の総量
エネルギー消費原単位:省エネ法※2に基づき算出
エネルギー使用量(原油換算) 千kL 1,784 1,857 1,732 1,727 2,282
海水使用量 千t 135,472 138,733 137,039 133,554 170,600
工業用水使用量 千t 32,718 32,866 31,433 30,627 40,316
上水使用量 千t 184 173 196 170 194
原油処理量 千kL 22,182 23,639 22,051 22,622 30,294
CO2-Scope1 千tCO2 - - - - 6,982
CO2-Scope2 千tCO2 - - - - 434
CO2-Scope3 千tCO2 - - - - -
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 4,820 5,068 4,750 4,852 7,416
SOx排出量 t 2,902 3,018 2,694 2,250 2,972
NOx排出量 t 2,125 2,262 2,189 1,942 2,769
ばいじん発生量 t 80 135 91 72 95
排水量 千t 168,374 171,772 151,698 147,257 196,122
COD t - - - - 255
廃棄物発生量 t 46,009 42,607 42,886 37,994 51,296
廃棄物
最終処分量
t 24 32 16 3 0
エネルギー消費原単位 原油換算L /
常圧蒸留装置換
算通油量 kL
7.63 7.45 7.55 7.47 7.28
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律
※2 省エネ法 : エネルギーの使用の合理化などに関する法律 
国内製造
その他製造
(潤滑油、アスファルト、太陽電池など)
単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 3.2 3.0 3.2 2.8 2.9
  • 昭和シェル石油(株)
  • シェル ルブリカンツ ジャパン(株)
  • (株)京浜バイオマスパワー
  • ソーラーフロンティア(株)
  • 日本グリース(株)
  • 昭石化工(株)(砂町工場除く)
  • 瀝青化学(株)
【算出方法】
エネルギー使用量:省エネ法※2に基づき算出
水使用量:生産拠点で使用する全ての取水量
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:温対法※1に基づき算出
ただし、CO2排出量のみ開示(CH4、N2O、HFC、PFC、SF6、NF3は除く)
排水量:拠点からの排水の総量
廃棄物発生量:特別管理産業廃棄物を除く産業廃棄物の排出の総量
エネルギー使用量(原油換算) 千kL 83 77 81 72 75
海水使用量 千t 2,248 - - - -
工業用水使用量 千t 2,053 1,800 1,790 1,170 1,479
上水使用量 千t 197 116 110 79 110
地下水使用量 千t 0 1,990 1,734 2,009 2,102
CO2-Scope1 千tCO2 - - - - 32
CO2-Scope2 千tCO2 - - - - 108
CO2-Scope3 千tCO2 - - - - -
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 201 178 176 139 139
排水量 千t 4,497 3,906 3,634 3,258 3,691
廃棄物発生量 t 10,716 11,164 18,102 19,664 23,009
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律
※2 省エネ法 : エネルギーの使用の合理化などに関する法律 
国内輸送
・貯蔵
単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 2.5 2.5 2.2 2.4 2.9 貯蔵
  • 昭和シェル石油(株)
  • 若松ガス(株)
  • ジャパンオイルネットワーク(株)
【算出方法】
製品輸送に伴うエネルギー使用量:省エネ法※2の荷主分を算出
貯蔵所におけるエネルギー使用量:省エネ法※2に基づき算出
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:エネルギー使用量にCO2排出係数を乗じて算出
CO2排出係数は、温対法※1の数値を利用

【Scope3のカテゴリー】
Category9:下流の輸送・流通(製品の輸送)
契約運送会社、海運会社による輸送で排出されるCO2
エネルギー使用量(原油換算) 千kL 65 63 56 61 75
CO2-Scope1 千tCO2 - - - - 1.0
CO2-Scope2 千tCO2 - - - - 4.3
CO2-Scope3 千tCO2 - - - - 193
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 175 170 149 162 198
上記のうち、貯蔵分を除く
エネルギー使用量(原油換算) 千kL - - - - 72 【算出方法】
エネルギー消費原単位:省エネ法※2に基づき算出
輸送数量 百万t・km - - - - 7,172
エネルギー消費原単位 kL/百万t・km - - - - 10.1
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律
※2 省エネ法 : エネルギーの使用の合理化などに関する法律 
国内販売 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
エネルギー
使用量
PJ 1.7 1.6 2.0 1.9 2.3 昭和シェル石油系列SS(約3,000カ所)

【算出方法】
エネルギー使用量:販売SS1拠点当たりのエネルギー使用量(電力)実績に販売拠点数を乗じて算出
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量:エネルギー使用量にCO2排出係数を乗じて算出
CO2排出係数は、温対法※1の数値を利用

【Scope3のカテゴリー】
Category14:SS販売
Scope1、2に含まれないSS
【算出方法】
Scope1、2に含まれないSSでのエネルギー使用量にCO2排出係数を乗じて算出
エネルギー使用量(原油換算) 千kL 43 41 51 50 61
CO2-Scope1 千tCO2 - - - - 0
CO2-Scope2 千tCO2 - - - - 9.9
CO2-Scope3 千tCO2 - - - - 102
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 55 53 95 93 112
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律 
消費 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
揮発油販売量 千kL 8,694 8,699 8,678 8,663 9,555 【算出方法】
石油製品販売数量:国内販売分を石油製品別に集計、2018年度のその他には輸出販売・数量事業
提携などによる他社への製品供給分を含む
Scope別CO2排出量:GHGプロトコルにのっとり、CO2排出量を算出
CO2排出量(国内の石油製品燃焼時):国内製品販売量にCO2排出係数を乗じて算出
CO2排出係数は、温対法※1の数値を利用

【Scope3のカテゴリー】
Category11:お客さまによる製品の使用
国内販売数量
※燃料として使用されない潤滑油、石油化学製品は、算定対象外
ジェット燃料
販売量
千kL 1,791 1,794 1,919 2,179 2,501
灯油販売量 千kL 2,681 2,625 2,670 2,790 3,248
軽油販売量 千kL 5,395 5,366 5,337 5,655 6,622
A重油販売量 千kL 3,009 3,081 3,176 3,206 2,255
C重油販売量 千kL 1,070
LPG(プロパン)販売量 千kL -
※その他に含む
-
※その他に含む
-
※その他に含む
253 80
LPG(ブタン)
販売量
千kL 160
潤滑油 千kL -
※その他に含む
344
基礎化学品 千kL 1,448
その他石油製品販売量 千kL 6,085 6,588 4,760 4,509 8,980
CO2-Scope1 千tCO2 - - - - 0
CO2-Scope2 千tCO2 - - - - 0
CO2-Scope3 千tCO2 - - - - 63,331
CO2合計(Scope1~3) 千tCO2 69,390 70,446 66,278 56,526 63,331
※1 温対法 : 地球温暖化対策の推進に関する法律

Scope別CO2
排出量
単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
Scope1 千tCO2 - - - 5,137 7,015 国内製造(石油精製、その他製造)+国内輸送・貯蔵の合計
Scope2 千tCO2 - - - 530 556 国内製造(石油精製、その他製造)+国内輸送・貯蔵+国内販売の合計
Scope3 千tCO2 - - - 57,448 64,500 原油調達・輸入+国内輸送・貯蔵+国内販売+消費+出張・通勤の合計
(出張・通勤に係るCO2排出量)
※ 当データはScope3に含んでいます。
千tCO2 - - - 0.4 0.6 【算出方法】
出張に係るCO2排出量:社員数に排出原単位を乗じて算出
通勤に係るCO2排出量:社員の通勤費に排出原単位を乗じて算出
CO2排出原単位は、「サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出などの算定のための排出原
単位データベース」の数値を利用

【Scope3のカテゴリー】
Category6:出張(算出対象:昭和シェル石油(株))
Category7:雇用者の通勤(算出対象:昭和シェル石油(株))
合計
(Scope1~3)
千tCO2 75,148 76,454 72,095 63,115 72,070  
廃棄物 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
廃棄物発生量 t 46,009 42,607 42,886 37,994 40,188
  • 昭和四日市石油(株)
  • 東亜石油(株)
  • 西部石油(株)
2014~2017年度は、各年の1~12月で算出
2018年度は、2018年4月~2019年3月で算出
中間処理減量 t - - - - 26,087
リサイクル量 t - - - - 14,102
廃棄物最終処分量 t 24 32 16 3 0
廃棄物最終処分率 % 0.052 0.075 0.036 0.008 0.000
水資源利用量・水リサイクル率 単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
海水使用量 千t 137,719 138,733 137,039 133,554 170,600
  • 昭和四日市石油(株)
  • 東亜石油(株)
  • 西部石油(株)
  • 昭和シェル石油(株)
  • シェル ルブリカンツ ジャパン(株)
  • (株)京浜バイオマスパワー
  • ソーラーフロンティア(株)
  • 日本グリース(株)
  • 昭石化工(株)(砂町工場除く)
  • 瀝青化学(株)
工業用水使用量 千t 34,770 34,666 33,223 31,797 41,795
上水使用量 千t 381 289 306 248 304
地下水使用量 千t 0 1,990 1,734 2,009 2,102
排水量 千t 172,871 175,678 155,332 150,515 199,812
水リサイクル率 % - - - 96.8 96.6
  • 昭和四日市石油(株)
  • 東亜石油(株)
  • 西部石油(株)
水リサイクル率=リサイクル量(リサイクル量+工業用水取水量)
※ 昭和四日市石油は一部推計値を利用
大気汚染物質
排出量
単位 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 集計対象範囲および
データ算出方法詳細
VOC排出量 t - - - 4,873 4,639
  • 昭和シェル石油(株)
  • 昭和四日市石油(株)
  • 東亜石油(株)
  • 西部石油(株)
  • シェル ルブリカンツ ジャパン(株)
  • ジャパンオイルネットワーク(株)
フロン類 漏えい量実績 単位 2018年度 集計対象範囲およびデータ算出方法詳細
大型プロセス機器 t-CO2 165.5
  • 昭和シェル石油(株)
対象期間:2018年4月~2019年3月
エアコン
その他
合計 t-CO2 165.5
環境事故件数
2018年度 0件
ISO14001(環境マネジメントシステム)取得状況 ※2019年7月1日現在
国内事業所 11カ所
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ