取り組み実績

シンポジウム「地球温暖化と金融資本市場」にサステナビリティ戦略室室長が登壇

7月22日、日本証券アナリスト協会主催のシンポジウム「地球温暖化と金融資本市場」のパネリストとして、サステナビリティ戦略室長が登壇しました。「環境・社会と調和する出光グループへ」と題して、豊富な再生可能エネルギーメニューやブラックペレットなどによる石炭事業における環境負荷低減といった当社の取り組みなどを紹介しました。参加アナリストからも好評をいただくことができました。

写真

SDGs体験ワークショップ

SDGsの視点を全社員に浸透させる活動の一つとして、座学ではなく体感を通じて学ぶワークショップを実施しました。当日は、こども国連環境会議推進協会の井澤友郭氏を講師に迎え、計45名(昭和シェル石油グループ・出光興産社員)が参加しました。前半のSDGsカードゲームでは、持続的な社会を実現するまでの道のりを体験し、後半の振り返りパートでは、レゴ®シリアスプレイ®メソッドを使用してカードゲーム体験や自分の考えなどを表現し、持続可能な社会の実現に向けて、企業として、部門として、個人として何を考えなければいけないのかについて、理解を深めることができました。

写真
写真
写真

新入社員向け「SDGsワークショップ」を開催

4月3日、新入社員教育の一部として「SDGsワークショップ」を開催し、出光興産と昭和シェル石油の新入社員181名が参加しました。ワークショップは二部構成とし、SDGsのポイントとなる「多面的に捉えること、発想を広げること、多様な見解を統合し考えること」を体感し、社会人としての知見を広げるために実施しました。
前半では一般社団法人イマココラボご協力のもと、カードゲームを通して持続的な社会を実現するまでの道のりを体験してもらい、世界と自分は繋がっていて、自分が起点となって社会が変わることなどを学ぶブログラムにしました。
後半では、身近な「飲食店を選択する」というお題に対して、多様な見解を踏まえながら、チームごとに飲食店を選び、その結果だけでなく、途中段階でのチーム議論の経過や、多面的に捉えたことによる新たな気づきも共有し、発想を広げることを体験してもらいました。

写真
写真
出光昭和シェル, 株式会社ディ・エフ・エフ