新着情報

1985/08/14
テスト

サステナビリティ ニュース

リスクマネジメント
情報管理

情報セキュリティ基本方針

出光グループは、情報資産の機密性および情報システムやネットワークの可用性・保全性を確保し、情報技術を利用したお客さまサービスの維持向上に努めます...

サスティナビリティの取り組み
イニシアチブへの参画

TCFD提言への賛同

当社は、2020年2月にTCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures:気候...

従業員の健康推進
2019年度取り組み実績

健康イベント開催実績(社内)

No 部署 イベント 日付 参加者 開催場所 概要 ...

従業員の健康推進
従業員の健康推進に関する考え方

従業員の健康推進に関する考え方

当社グループでは、行動指針において「すべてにおいて健康・安全を優先する」と定義しており、グループ全従業員が心身ともに健康で活き活きと働くための...

人材育成
経営人材の育成

(タイトル非表示)

経営人材は、変革を起こすことが求められています。次期執行役員候補に対し、個々人に応じたプログラムを選定しています。また、次期部室長の候補に対し、戦略経...

生物多様性の保全
取り組み⑤ 外航輸送におけるバラスト水対策

外航輸送におけるバラスト水対策

2017年9月8日に発効したバラスト水管理条約(船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約)、IMOによるガイドラインに従い、外来生物に...

サスティナビリティの取り組み
社外からの表彰

2020年度

表彰・受賞名 表彰対象 主催 日付 表彰内容 令和2年...

気候変動対応
出光グループのGHG削減目標とモニタリング指標

出光グループのGHG削減目標とモニタリング指標

CO2削減を考える際には、環境面への貢献だけでは不十分と認識しています。環境貢献と同時に、将来の低炭素社会への移行を見据えた、より低炭素なエネ...

サステナビリティニュース
お知らせ

お知らせ

出光グループのサステナビリティ
各種方針類

職場のハラスメントに対する基本方針

趣旨 出光グループは、「人権の尊重は全ての判断や行動において最優先させるべきこと」と考え、国際社会や地域社会と調和を図り、い...

知的財産
知的財産の活用と計画推進

知的財産の活用

当社グループは、知的財産を統括する部門として知的財産部を設置しています。知的財産部は特許や商標など、知的財産の出願・権利化、維持管理と活用を事業部門、...

新型コロナウィルス(COVID-19)への出光グループの取り組み
新型コロナウィルス(COVID-19)への出光グループの取り組み

出光グループ社員への対応

出光グループでは国内外の社員と社員の家族の安全確保、感染拡⼤防⽌に取り組んでいます。各国政府および地⽅⾃治体の指導に基づき、感染症対策を実施するととも...

気候変動対応
基本姿勢 / シナリオ分析に基づくリスクと機会の特定

シナリオ分析に基づくリスクと機会の特定

シナリオ分析 気候変動に伴うリスクと機会について、脱炭素化、環境技術の進展、社会変化などに起因するエネルギー転換と当社への影響をシナリオ分析の手...

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み
グローバル意識の向上

社員のグローバル意識の向上をめざして「Global Values Workshop」を開催

2019年9月10日、出光グループの海外現地法人に勤務する社員が出張で来日するタイミングを利用して、「Global Values Workshop」を...

サスティナビリティの取り組み
ステークホルダーとの対話 実績

SDGs理解促進の取り組み

詳しくはこちら

人事諸制度
公平な評価と報酬

公平な評価と報酬

等級制度、育成・評価制度、報酬制度)を一本化しています。制度一本化にあたっては、2019年9月から2020年2月にかけて、国内外の拠点約30カ...

生物多様性の保全
取り組み② 社外プロジェクト参画による共創

「命をつなぐPROJECT」への参画 (愛知製油所)

愛知製油所は生物多様性を向上させ、生態系ネットワーク形成を推進する「命をつなぐプロジェクト」※の主要メンバーとして活動しています。 ※「命...

トップメッセージ
トップメッセージ

トップメッセージ

「人が中心の経営」で、新しい価値を創出し、サステナブルな 社会の実現に貢献し続けます 新型コロナウイルス感染症への対応 新型コロ...

出光グループのサステナビリティ
中期経営計画

統合シナジーの最大化

当社は、経営統合によるシナジー効果600億円を2021年度までに実現することを目標に掲げています。2019年度は、需給・製造・物流・調達・コー...

サスティナビリティの取り組み
マテリアリティ特定プロセス

マテリアリティ特定プロセス

当社では、日本発のエネルギー共創企業として多様なステークホルダーの皆さまと共に新たな価値創造に挑戦し続けるために、優先的に取り組むべきことを長期的な視...

コーポレートガバナンス
コーポレートガバナンスの考え方 / 体制

各委員会

各委員会一覧 委員会名 委員長 委員 ...

サスティナビリティの取り組み
イニシアチブへの参画

ESG情報開示研究会への参画

当社は2020年11月、ESG情報開示研究会に入会しました。本研究会は、企業による適切なESG情報開示の在り方に関する研究を通じて、社会の持続...

職場風土改善・やりがい向上の取り組み
DTK(だったらこうしよう)プロジェクト

キックオフミーティング

DTKプロジェクト本格的始動にあたり、木藤社長、亀岡副会長、部室リーダーが出席したキックオフミーティングを行いました。木藤社長は、経営統合のさらなる深...

生物多様性の保全
取り組みの歴史

当社事業のインパクト

当社事業バリューチェーンの中で生物多様性に影響を与えている領域の中で、主要なものとして下図のような点が挙げられます。また、United Nations...