新着情報

1985/08/14
テスト
サスティナビリティの取り組み
重点課題(マテリアリティ)とSDGsの関連性

重点課題(マテリアリティ)とSDGsの関連性

当社グループでは、事業を通じて社会に貢献することを大切にしています。社会発展に貢献しながら、人々のライフラインを支えるエネルギーを供給し続けることが使...

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み
グローバル意識の向上

「第2回Global Values Workshop」で日本と世界中の拠点をもっと繋げる

Global Values Workshop (GVs)は、海外拠点の社員が来日するタイミングを利用して、国内外の社員が自由にコミュニケーショ...

品質管理・品質保証
品質管理・品質保証の取り組み

品質に関する社員教育・啓発

当社グループでは社員の品質意識の向上を目的とした教育・啓発活動を実施しています。各事業部門、関係会社における品質保証活動を推進すべく、品質担当...

パートナーとの協働
販売店・特約店との協働

SSスタッフ向けのマガジンを創刊

2019年10月18日に、SSスタッフ向けマガジンを創刊しました。昭和シェルと出光のSSで働くスタッフに、お互いのSSをよく知ってもらうための...

サスティナビリティの取り組み
産学の連携

東京大学との取り組み

当社は2007年2月から、エネルギー企業として地球社会を持続可能なものへ導く活動を積極的に行い、エネルギーの持続性戦略の構築に関わることを目的...

出光グループのサステナビリティ
人権基本方針

出光グループ 人権基本方針

出光グループは、人が持つ無限の可能性を信じ、多彩な従業員が多様なステークホルダーとの共創を通じて世界の国々・地域にエネルギー製品・サービスを提供し、人...

循環型社会への対応
取り組み① プラスチックリサイクル

プラスチックリサイクル

石油精製の分解設備を活用して、回収したプラスチックを分解して化学原料に戻すケミカルリサイクルの実用化に取り組んでいます。 海洋プラスチッ...

知的財産
研究開発

研究開発体制

当社グループの研究開発体制は、コーポレート研究を主管する「次世代技術研究所」と、各部門にひもづく研究所から構成されており、各研究所において専門的な開発...

サステナビリティニュース
地元町会長の皆さまを招きCSR説明会を実施しました【千葉事業所】
Response thumb 177

地元町会長の皆さまを招きCSR説明会を実施しました【千葉事業所】 

2019年3月14日 3月14日、地元姉崎地区の町会長24名をお招きし、CSR説明会を行いました。「地元と共に」の理念のもと2005年度から毎年...

社会貢献活動
人々とのつながり:最近のトピックス

最近のトピックス

鹿児島市の小学校での環境教育に参画 「エネルギー教室」 ソーラーフロンティア 九州支店は、2020年2月20日、鹿児島市の小学6年生約3...

水リスクへの対応
具体的な取り組み事例

製油所・事業所における水の循環利用の強化

当社グループの事業活動の中でも大量の水を使用する拠点である製油所・事業所では、水使用量削減に取り組んでいます。製油所の石油精製過程で、プロセス流体の冷...

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み② 環境配慮型商品・サービスの供給

石炭ボイラ制御最適化システム(ULTY-V plus™)販売

AI(人工知能)を活用し、一連の制御「計測」、「分析」、「判断」を自己完結型で行うボイラ制御最適化システムであり、発電所や工場で使用されている...

人材育成
その他の成長支援

組織の基盤づくりのためのワークショップ

2019年度は海外拠点も含め、全国各地でワークショップを実施しました。第1弾ワークショップでは、出身母体が異なる部下を持つ役職者600名を対象...

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み② 環境配慮型商品・サービスの供給

路面温度を10度下げる高機能アスファルト「メイブライトA」が豊田スタジアム隣接の矢作川河畔・白浜公園に採用

ラグビーワールドカップの会場のひとつ愛知県の豊田スタジアムに隣接する矢作川河畔・白浜公園に、当社の高機能アスファルト「メイブライトA」が採用さ...

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み⑤ 革新的技術の開発・社会実装

革新的技術の開発・社会実装

低炭素社会への移行に向けて、今後の技術革新が大きく期待されるCCS(Carbon dioxide Capture and Storage:CO2回収・...

汚染の予防
汚染の予防考え方

汚染予防の考え方

環境負荷の低減については、環境に関する法律を順守するだけでなく、社内規程(安全衛生環境基本要綱)に沿って自主的に予防的な取り組みを行っています。また社...

リスクマネジメント
リスクマネジメントに関する考え方 / 推進体制

基本的な考え方

当社グループの事業活動に関わるさまざまなリスクを未然に認知・評価し、リスクに応じた適切な対応を講じることで、経営の安定を図ります。

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み① 省エネルギー・消費電力ゼロエミッション化の推進

省エネルギー・消費電力ゼロエミッション化の推進

製油所・事業所・工場などからの直接・間接のCO2排出量削減を推進していきます。なお、主な製造現場で省エネ活動の進捗管理や好事例の横展開を行う会議を毎月...

生物多様性の保全
取り組み③ 希少種の保護

希少種の保護

製油所・事業所において装置を新設する際には環境アセスメントを実施し、生態系調査で確認された希少植物などを保護しています。現在は、愛知製油所の装...

安全の確保
安全・衛生に関する取り組み

無事故への取り組み

2018年は出光興産の関係会社において重大事故(粉じん爆発火災事故)が発生し、作業中の協力会社員が亡くなりました。これは、潜在危険源の発掘が十分できて...

新型コロナウィルス(COVID-19)への出光グループの取り組み
新型コロナウィルス(COVID-19)への出光グループの取り組み

出光グループ社員への対応

出光グループでは国内外の社員と社員の家族の安全確保、感染拡⼤防⽌に取り組んでいます。各国政府および地⽅⾃治体の指導に基づき、感染症対策を実施するととも...

リスクマネジメント
リスクマネジメントに関する考え方 / 推進体制

リスクマネジメント推進体制

当社グループでは、事業活動に関わるリスクを「業務リスク」「経営リスク」の2つに分類して対策を推進しています。「業務リスク」は、事故、災害、コンプライア...

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み① 省エネルギー・消費電力ゼロエミッション化の推進

海上油田への再エネ電力供給

当社グループ会社である出光スノーレ石油開発株式会社は、ノルウェー現地法人出光ペトロリアムノルゲ(Idemitsu Petroleum Norg...

ESGデータ
社会

昭和シェル石油

以下のデータは、昭和シェル石油(株)単体を集計対象としていますが、データによってはグループ会社も対象としています。詳細については、各データの記載...